当研究会発行の教材には2つのタイプがあります。その閲覧(使用)は以下の通りです。
● HTML文書(版)はPCなどの所収されている様々プラウザ(safariやGoogle ChromeやFire Foxなど)、さらにRealPlayerで閲覧できます。
● PDF文書(版)は、Adebe Readerはもちろんのこと、safariやGoogle Chromeなどのプラウザなどで閲覧できます。
◉「教材CD-ROMなどの郵送販売」についてはこのカートより行っています。

"The 語彙力"日常会話 基本15動詞編 PDF版 「Giga File便」ファイル転送販売

「Giga File便」によるファイル転送販売
PDF形式ファイル


[教材内容]

"The 語彙力"日常会話 基本15動詞編
実際に使える語彙力を増す
The English Vocabulary  Build up your vocabulary!
基本15動詞編 13,090動詞フレーズ所収 5.1MB
サンプルをご覧ください。PDFです。

getの動詞フレーズ サンプル

※PDF文書は、Adebe Reader、i-tune,はもちろんのこと、safariやGoogle Chromeなどのプラウザなどで閲覧できます。

英語脳を身につける最短距離はまずどれだけ動詞をフレーズ(意味ある単位) として覚えてしまうかにあります。いくら動詞の意味を覚えてもそれは読解に役立っても、会話としては表現できません。

私ごとですが、私がけっこう自由に英語をはなせるようになったのは、何十年もかけて蓄積してきた動詞フレーズのデータベースにあります。
これを時間があれば眺め、声を出して覚えてきました。
今回これを英会話学習をしている方の御役に立ちたいと公開したものです。

まず動詞フレーズだけを読みそのイメージを身につけてください。
これら動詞フレーズは客観的なものです。まるで猫がa cat、犬がa dogと同じようにそれらの意味をイメージしてください。
それができたら動詞フレーズの右にある( )内のファンクションフレーズをつけて意味を吟味してください。

have (2151 -52)、get (1279-31)、do ( 684-17)、make (982-24)
take (1957-26)、give (720-18)、put (738-18)、keep ( 532-13)
let (259-7)、go (1470-35)、come (1003-24)、seem (126-3)
see (696-17)、say ( 329-8)、send (165-4)

1,800円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索